完全母乳育児の極意

目指せ完全母乳育児!

*

まわりの人は母乳育児ママのことを信じてあげて

   

意地じゃないんです

完全母乳で十分に育つんです!

なのに、まだまだ勘違いしている人たちがいて困りますよね。

母乳育児を頑張っているママに対して

意地はってないでミルクをあげなさいよ

母乳だけじゃ赤ちゃんがおなか空いて泣いてるじゃない

赤ちゃんがおっぱいから離れないのは足りてないからだ

夜だけでも、ミルクにしたら?

こんなこと言ってる人はいませんか?

赤ちゃんのためと思って言っているのかもしれませんが、そのひとことでどれだけママが傷ついているか考えたことはあるんですかね。

ミルクで育てた世代

戦後、高度経済成長とともにミルク育児が大流行しました。

そのため、70年代には完全母乳率が30%台にまで低下したということです。

80年代の終わりには、母乳研究も進み母乳の良さを見直そうという動きが出てきて、現在では母乳育児を推奨している病産院も随分と増えましたね。

ちょうど、ミルク育児が最盛期だった頃に子育てされた方が、ミルクを勧めてくる傾向にあります。

誰が言ってくるのか。それは実母・義母・親戚・ご近所さんなど、人それぞれですね。

意外にもパパがミルクを勧めてくる場合もあります。

味方であるはずのパパが義母と一緒になって、ミルクを足すように勧めてくることもあるんだとか。

パパ!しっかりして!!って言いたくなります。

ミルクで育てた世代の方たちが、自信満々にミルクを勧めてくる気持ちもわかるんです。

実際にミルクで育てた子どもが大きくなって、立派に親になってるわけですからね。

ミルクのほうが母乳よりも栄養があると言われていた時代もあったくらいですから。

世代ギャップというものです。

他にも、泣いている赤ちゃんをすぐに抱っこすると、『抱き癖がつく』『風呂あがりには白湯を飲ませる』『お腹を壊した時は水を飲ませるな』なども、現代では信じられないことですが、昔はそれが常識だったのです。

完全母乳を応援してもらうために

いくらママが母乳の良さを説明しても、まわりの人たちにわかってもらえない場合、まずは母乳育児に理解のある小児科を探します。

「健診についてきて欲しい」などとお願いし、完全母乳に理解をしめしてくれない人を同行させるのです。

赤ちゃんが順調に育っていること母乳育児がいかに最良なのかを医療機関の人から説明を受ければ、母乳に対しての考え方が変わるかもしれません。

ママの言葉には耳をかさなかった人でも、専門家の意見は受け入れる確率が高いです。

とにかく、ママのまわりの人たちは、母乳育児を頑張っているママの事を応援するべきなのです!

 - 母乳育児について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

母乳育児中の私。おっぱいを出すことに抵抗が無くなった

義父母の前でもおっぱい 息子がおっぱいを飲みたくて泣けば、たとえ義父母が目の前に …

離乳食をあまり食べないのは母乳を続けているせいなのか

まわりの人から 「あら〜。まだおっぱい飲んでるの?だから少食なんじゃない?」 こ …

母乳育児が原因で首こり?

首こりってなったことありますか? ひょっとしたら、首こりって肩こりより辛いかもし …

母乳の栄養と免疫機能。おっぱいの味体験談

完全栄養食品 ママの血液から作られる、なんとも神秘的な母乳。 「白い血液」と呼ば …

産後のカンガルーケアとはどんなものか

出産後すぐにママのお腹に赤ちゃんをのせて、自然に乳首を吸わせる方法(カンガルーケ …

母乳をあげる際に服が邪魔。長〜いヘアゴムで解決

授乳用の服って何着持ってますか? 私は、夏・冬あわせても授乳用(サイドスリットタ …

子宮の回復とダイエットに効果的な母乳育児

出産後の子宮回復 出産後に、子宮が収縮することによりママの体は回復に向かいます。 …

1人目は完全ミルク2人目は完全母乳で育てた

ミルクの娘と母乳の息子 ミルクでも母乳でも、子どもたちはすくすく元気に育ちました …

おっぱいケアとマッサージの必要性

準備が必要 妊娠中、母乳で育てようか混合にしようか…。誰かに何か言われないと考え …

母乳育児でカチンコチンのおっぱい。圧抜きの方法

身動きがとれなくなるほど痛い 母乳育児をしていると経験する人も多いのでないでしょ …