完全母乳育児の極意

目指せ完全母乳育児!

*

母乳育児には産婦人科が大事!病産院を選ぶ5つのポイント

      2020/04/25

母乳育児を応援してくれる病産院を選ぶことが、とても大切です。

完全母乳で育てたいなら、絶対に必要となる選び方の5つのポイントを知っておきましょう。

母子同室

母子同室とは、出産直後から赤ちゃんとママがずっと同じ部屋で過ごすことです。
朝9時〜夜9時までの母子同室出産後3日後から母子同室などというのは母子同室をしている病院とはいえません。

母乳育児をしていく上で、赤ちゃんがおっぱいを飲みたいタイミングで、すぐに授乳してあげられることが大切なのです。

WHO(世界保健機構)/ユニセフも母乳育児成功のためには、まず母子同室をと提唱しています。

夜間授乳

おっぱいをつくるプロラクチンは、お母さんが赤ちゃんにおっぱいを吸われる刺激で分泌が増えます。

また、プロラクチンは深夜0時〜朝8時くらいの間には、日中の2倍の量が分泌されています。

おっぱいがつくられるのは夜ということです。

このおっぱいがたくさん出る夜間にミルクを足してしまうのはもったいないですし、おっぱいの分泌の多いママが深夜の授乳をお休みすると乳房がパンパンに張って辛くなってしまいます

適切な授乳指導

抱き方が不安定になってしまったり、赤ちゃんにおっぱいを浅く吸われてしまうと、おっぱいが傷ついてしまったりします。

私もそうでしたが、授乳は初めからうまくいくものではありません。

赤ちゃんも上手におっぱいに吸い付けなかったり、ママもちょうどいい体勢で抱っこするために力が入りすぎて疲れてしまったりします。

それらを防ぐためにも、授乳についてしっかりと知識を持った助産師さんや看護師さんから指導を受ける必要があります。

病産院によっては、妊娠中からおっぱいマッサージの講座を開いているところもありますし、逆に出産後もほとんど指導のないところもあるのでしっかりチェックしたいですね。

ミルクや糖水を安易に飲ませない

24時間母子同室を実施している病産院だとしても、赤ちゃんが夜中に泣いていると平気でミルクや糖水を足すように勧めてくるところもあります。

赤ちゃんもママも、すぐには授乳がうまくいかないものです。赤ちゃんにとっては、泣きながらも必死におっぱいの飲み方を習得している最中だと考えてください。

おっぱいが足りなくて泣いているのでは?と心配になりますが、赤ちゃんは2〜3日分の栄養をもって生まれてきているので、大丈夫です。

すぐに哺乳瓶でミルクや糖水をあげるのではなく、ママのおっぱいを飲む練習をしっかりさせてあげたほうが良いのです。

カンガルーケアを実施

カンガルーケアとは、出産後ママが赤ちゃんを裸のまま抱っこすることです。

私自身、生まれたばかりの我が子を胸に抱っこした瞬間、とてつもない幸福感に包まれました。

なんともいえない温もり。重さ。声。全部が愛おしくてかけがえのない時間でした。

その際に、おっぱいを吸ってもらうことで、その後の母乳育児がスムーズになると言われています。

産後のカンガルーケアとはどんなものか

 - 母乳育児について

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

完全母乳育児は栄養面から。妊娠中の具だくさん味噌汁の作り方

日本人なら味噌汁! みなさんは味噌汁って好きですか?普段飲んでますか? 味噌汁と …

母乳育児が原因で首こり?

首こりってなったことありますか? ひょっとしたら、首こりって肩こりより辛いかもし …

完全母乳に乳頭の形は関係ない。妊娠中のケアで小さな乳首でも出たよ

安定期に入ったらチェック 一人一人顔も違うように乳頭も、大きさや形がみんな違いま …

母乳育児中の私。おっぱいを出すことに抵抗が無くなった

義父母の前でもおっぱい 息子がおっぱいを飲みたくて泣けば、たとえ義父母が目の前に …

まわりの人は母乳育児ママのことを信じてあげて

意地じゃないんです 完全母乳で十分に育つんです! なのに、まだまだ勘違いしている …

母乳で虫歯になるという噂は本当か

むしろ母乳で虫歯予防 母乳のせいで虫歯なんてとんでもない!! 母乳に含まれるラク …

完全母乳なら経済的でゴミが出ない

赤ちゃんが生まれると、何かとお金がかかります。 紙おむつ・おしりふき・オムツ用ゴ …

ママが風邪をひいていても母乳を飲ませていいのか

母乳で育てている期間中、1回も風邪をひかないで済んだら悩まないんですけどねぇ。 …

子宮の回復とダイエットに効果的な母乳育児

出産後の子宮回復 出産後に、子宮が収縮することによりママの体は回復に向かいます。 …

1人目は完全ミルク2人目は完全母乳で育てた

ミルクの娘と母乳の息子 ミルクでも母乳でも、子どもたちはすくすく元気に育ちました …